転職して幸せになることが出来る看護師はどのくらい?

看護師に限らず今働いている職場に対して何も不満・悩みがないという人はこの世に存在しないでしょう。どの業界、どの職業でも少なからずこうした気持ちを抱えて働いています。
その気持ちが大きくなり転職を決意するという感じでしょうか。しかし転職をして本当に幸せになることが出来るのでしょうか。「今の職場は自分に合わない」、「新しい職場には今の上司ほど嫌な奴はいない」。このような気持ちで転職しても幸せになることが出来ないのかもしれません。


なぜナース求人サイトの数が多いのか

インターネットで検索すれば多くのナース求人サイトを見つけることが出来ます。なぜナース求人サイトはこんなにも数が多いのでしょうか。その理由はそれだけニーズがあるという事です。ニーズが多く集まる、それだけ利用する人の数が多い、このような状態は人材派遣会社にはとてもねらい目なのです。人材派遣会社は紹介する人数が多いほど比例して収益が大きくなります。つまり年間の転職者数が多い看護業界は人材派遣会社にとってはおいしいのです。そういった理由からナース求人サイトがたくさんあるのです。


看護師が転職を決意する時

看護師の多くは人間関係に悩みを抱えています。これが原因で転職する人が実は多いのです。ナースの職場は女性がほとんどです。女性が集まる職場だと人間関係がいろいろと難しくなるのでしょう。都内で勤務しているナースの一人は女性が集まる職場は特に、嫉妬やいじめが多いとおっしゃっていました。
もちろん全てのナースが人間関係を理由に転職するわけではありません。もっと大きな病院で自分のスキルを磨きたい。体調を崩したので夜勤がないクリニックで働きたい。このような理由で転職する人もいます。
しかしそれでも圧倒的に人間関係という理由が多いという事実は否定することが出来ません。


職場の雰囲気をよく知ってから選ぼう

今の職場が嫌ですぐ新しい職場を見つけようと焦る人もいます。しかしそれではまた同じ悩みを抱えることになるかもしれませんよ。
職場の雰囲気や内部情報をよく知ってから新しい職場を決めましょう。急いでも何もいい事はありません。じっくりと自分に合った職場を見つけましょう。
その時に利用した方が良い求人サイトが「看護ルー」です。看護ルーは求人の内部情報を詳しく紹介しているのでとても便利です。


実際に転職して幸せなのか

看護師は転職をしてまたすぐ別の職場を探す人がおよそ6割いるそうです。つまり新しい職場で働いてみたもののまた何らかの不安が出てきたのでしょう。
またすぐに求人サイトで職探しをする人は「想像していたよりも雰囲気が悪い」、「一人嫌な上司がいる」。このような理由が多いです。
先ほども申し上げましたがどの職場でも必ず不満が出てきます。その時にこの経験をプラスに考えられるかどうか。これがとても大事なのではないでしょうか。その気持ちがあれば転職しても後悔する看護師さんはきっと少なくなるでしょう。そうした看護師さんがたくさん増えると良いですね。


男性看護師が抱えている悩みってどんなもの?

病院に勤める女性は結婚や出産・育児など女性特有の問題がありますよね。
出来ればそう言ったことに関して理解力のある職場が望ましいですが、なかなか現実ではうまくいかないという事もあります。一方、男性看護師が抱えている悩みとは一体どのようなものなのでしょうか。最も多かったものは「人間関係」でした。男性の需要が高まっていると言われていますが、実際看護業界では女性の方が圧倒的に多くなっています。周囲に女性ばかりいると業務上での質問などがしにくい、と考える男性が多いようです。同じ男性であれば業務上での質問や相談も行ないやすいという利点があります。しかし、現状では女性が多いためそれが難しいと感じている男性が多いです。また、男性と女性とでは物事の考え方も違ってくるため、自分の意見を理解してもらえないというケースもあるようです。


男性看護師特有の悩みもある

人間関係で悩んでいる男性が多い事がお分かりいただけたと思います。
女性特有の悩みがあるように、男性にも特有の悩みというものがあります。それは「給与」に関する事なのです。男性看護師は給料が安いことが多く、頭を悩ませている方が多いようです。女性にとっては充分な給料だと言えるのですが、これが男性になると少し変わってきます。独身であればまだ良いかもしれませんが、交際を経て結婚するとなった時に困ってしまう事も多いのだとか。結婚までたどり着けないという男性看護師も多く、40代をピークに給料も下がっていくと言われています。つまり、一家の大黒柱である男性だと生活していくことが厳しくなってしまうという事になります。給料について不満を抱いている方は、転職サイトで次の職場を見つけて頑張ってみませんか。


転職サイトを利用してみる

人間関係や給料について悩んでいる方は、求人サイトを覗いてみましょう。
自分一人で職場について調べるには時間も手間もかかってしまいます。得られる情報も限られてしまいます。ですから、看護師転職サイトを使って転職してしまった方が効率も良いのです。転職サイトには担当者がいますので、自分の希望を伝えて求人を探してもらう事が出来ます。その際、人間関係の良い職場や給料の良い職場、男性看護師の需要の高い職場を希望するのがベスト。可能であれば、事前に職場見学しておくというのも非常に大切な事です。男性看護師の需要は高まっていますので、きっと自分にピッタリな職場を見つけて転職することが出来るはずです。


看護師にも色々職種が分かれることを知っていますか?

病院や老人介護施設などで看護している女性も多いですが、仕事内容が異なる事は知っていますよね。
医療の世界では「看護師」といっても様々な職種に分けられており、働く環境や業務内容も大きく異なってきます。皆さんがご存知なのは病院に看護をしている女性ですが、正・准看護師に分かれています。私達から見れば業務内容に違いが無いように思えますが、実は業務内容が少々異なります。医師の指示に基づき業務を行うのか、それとも婦長などの指示に基づいて業務を行うのか。最近ではどちらも同じ業務を行なっているようですが、年収には大きな違いがあります。似たような仕事をしていて年収が低いのであれば、今後の人生計画をしっかり立てて進路方向を変えていく必要がありそうですね。


看護師はどんな職種に分かれるの?

他にどのような職種に分かれるのかというと、色々あります。
「認定看護師」という職種があり、こちらは日本看護協会の認定看護師の認定審査に合格している方を指します。熟練した知識と技術を持っていることを認められている方なので、様々な場面で活躍することが出来ます。また、「感染管理看護師」という職種もあります。病院やその他医療機関に勤め、医師または薬剤師などと院内感染対策委員会を立ち上げ感染症対策を行なう方を指します。こちらは通常の看護職とは異なる職種ですので、初めて耳にするという方も多いのではないでしょうか。ちなみに、日本国内だけでなく海外でも活躍している方は「国際看護師」と呼んでいます。資格や国際ライセンスもありませんので、語学力と高度な看護知識・技術を持っている方には適していると言われています。


転職するならどの職種にするか考えてみる

今現在の職場に不満を持っている方や、スキルアップなどを目指したいという方は今後の人生設計をしてみましょう。
不安や悩みを抱えたまま現在の病院に勤め続けるのか、それとも転職をして心機一転再スタートさせるのか。一人で悩みを抱えてしまっている方は看護師転職サイトへ登録してみてはいかがでしょう。専属キャリアコンサルタントがいますから、今後について相談することが可能です。転職を決意していなくても相談に乗ってくれますので、一度自分の気持ちを話して聞いてもらう事をおすすめします。病院以外にどのような環境や職種に就くことが可能であるのか相談すれば、きっとアドバイスをもらえるはずです。今後どのように過ごしていきたいのか先の事を考えることを優先しつつ、今大切な事が何であるのか考えてみましょう。仕事と両立させながら転職について考えるというのは大変です。頼れる人物がいる時には相談を持ち掛ける、活用できるサイトなどがあるならそちらに頼ってみる、というのが大事ですよ。