転職して幸せになることが出来る看護師はどのくらい?

看護師に限らず今働いている職場に対して何も不満・悩みがないという人はこの世に存在しないでしょう。どの業界、どの職業でも少なからずこうした気持ちを抱えて働いています。
その気持ちが大きくなり転職を決意するという感じでしょうか。しかし転職をして本当に幸せになることが出来るのでしょうか。「今の職場は自分に合わない」、「新しい職場には今の上司ほど嫌な奴はいない」。このような気持ちで転職しても幸せになることが出来ないのかもしれません。


なぜナース求人サイトの数が多いのか

インターネットで検索すれば多くのナース求人サイトを見つけることが出来ます。なぜナース求人サイトはこんなにも数が多いのでしょうか。その理由はそれだけニーズがあるという事です。ニーズが多く集まる、それだけ利用する人の数が多い、このような状態は人材派遣会社にはとてもねらい目なのです。人材派遣会社は紹介する人数が多いほど比例して収益が大きくなります。つまり年間の転職者数が多い看護業界は人材派遣会社にとってはおいしいのです。そういった理由からナース求人サイトがたくさんあるのです。


看護師が転職を決意する時

看護師の多くは人間関係に悩みを抱えています。これが原因で転職する人が実は多いのです。ナースの職場は女性がほとんどです。女性が集まる職場だと人間関係がいろいろと難しくなるのでしょう。都内で勤務しているナースの一人は女性が集まる職場は特に、嫉妬やいじめが多いとおっしゃっていました。
もちろん全てのナースが人間関係を理由に転職するわけではありません。もっと大きな病院で自分のスキルを磨きたい。体調を崩したので夜勤がないクリニックで働きたい。このような理由で転職する人もいます。
しかしそれでも圧倒的に人間関係という理由が多いという事実は否定することが出来ません。


職場の雰囲気をよく知ってから選ぼう

今の職場が嫌ですぐ新しい職場を見つけようと焦る人もいます。しかしそれではまた同じ悩みを抱えることになるかもしれませんよ。
職場の雰囲気や内部情報をよく知ってから新しい職場を決めましょう。急いでも何もいい事はありません。じっくりと自分に合った職場を見つけましょう。
その時に利用した方が良い求人サイトが「看護ルー」です。看護ルーは求人の内部情報を詳しく紹介しているのでとても便利です。


実際に転職して幸せなのか

看護師は転職をしてまたすぐ別の職場を探す人がおよそ6割いるそうです。つまり新しい職場で働いてみたもののまた何らかの不安が出てきたのでしょう。
またすぐに求人サイトで職探しをする人は「想像していたよりも雰囲気が悪い」、「一人嫌な上司がいる」。このような理由が多いです。
先ほども申し上げましたがどの職場でも必ず不満が出てきます。その時にこの経験をプラスに考えられるかどうか。これがとても大事なのではないでしょうか。その気持ちがあれば転職しても後悔する看護師さんはきっと少なくなるでしょう。そうした看護師さんがたくさん増えると良いですね。

男性看護師が抱えている悩みってどんなもの?