看護師にも色々職種が分かれることを知っていますか?

病院や老人介護施設などで看護している女性も多いですが、仕事内容が異なる事は知っていますよね。
医療の世界では「看護師」といっても様々な職種に分けられており、働く環境や業務内容も大きく異なってきます。皆さんがご存知なのは病院に看護をしている女性ですが、正・准看護師に分かれています。私達から見れば業務内容に違いが無いように思えますが、実は業務内容が少々異なります。医師の指示に基づき業務を行うのか、それとも婦長などの指示に基づいて業務を行うのか。最近ではどちらも同じ業務を行なっているようですが、年収には大きな違いがあります。似たような仕事をしていて年収が低いのであれば、今後の人生計画をしっかり立てて進路方向を変えていく必要がありそうですね。


看護師はどんな職種に分かれるの?

他にどのような職種に分かれるのかというと、色々あります。
「認定看護師」という職種があり、こちらは日本看護協会の認定看護師の認定審査に合格している方を指します。熟練した知識と技術を持っていることを認められている方なので、様々な場面で活躍することが出来ます。また、「感染管理看護師」という職種もあります。病院やその他医療機関に勤め、医師または薬剤師などと院内感染対策委員会を立ち上げ感染症対策を行なう方を指します。こちらは通常の看護職とは異なる職種ですので、初めて耳にするという方も多いのではないでしょうか。ちなみに、日本国内だけでなく海外でも活躍している方は「国際看護師」と呼んでいます。資格や国際ライセンスもありませんので、語学力と高度な看護知識・技術を持っている方には適していると言われています。


転職するならどの職種にするか考えてみる

今現在の職場に不満を持っている方や、スキルアップなどを目指したいという方は今後の人生設計をしてみましょう。
不安や悩みを抱えたまま現在の病院に勤め続けるのか、それとも転職をして心機一転再スタートさせるのか。一人で悩みを抱えてしまっている方は看護師転職サイトへ登録してみてはいかがでしょう。専属キャリアコンサルタントがいますから、今後について相談することが可能です。転職を決意していなくても相談に乗ってくれますので、一度自分の気持ちを話して聞いてもらう事をおすすめします。病院以外にどのような環境や職種に就くことが可能であるのか相談すれば、きっとアドバイスをもらえるはずです。今後どのように過ごしていきたいのか先の事を考えることを優先しつつ、今大切な事が何であるのか考えてみましょう。仕事と両立させながら転職について考えるというのは大変です。頼れる人物がいる時には相談を持ち掛ける、活用できるサイトなどがあるならそちらに頼ってみる、というのが大事ですよ。

男性看護師が抱えている悩みってどんなもの?